五色沼の歩き方 冬

電話予約 0241-32-2224 (am7-pm11)

五色沼の歩き方

五色沼とは

オーナー 1888年7月15日の磐梯山爆発によってできた大小7つの沼の総称です。  爆発の影響により酸性の物質が地下水に含まれ、五色沼に流れ込みました。  その物質が化学変化し、ケイ酸アルミニウム(アロフェン)の結晶を造り水中に混ざります。  その結晶は、特定の光の波長を反射する性質があります。 つまり五色沼は、ブルーの色のみを反射して目に見えるのです。  それぞれの沼は天候、季節、時間により微妙にその色が変化します。 まさに自然が造った神秘の色をした沼なのです。

コース



全部を歩きたい

全行程3.6kmを歩くコース 。 五色沼の魅力を一番満喫出来るコースです。
復路は、桧原湖沿いの国道459の遊歩道を歩いて戻るか(約50分)、バスが利用出来ます。

高原駅→五色沼入口バス時刻(7分、250円)
全 日 7:34 10:10 12:45 14:38 17:40 18:55
五色沼入口→高原駅バス時刻
全 日 6:36 8:56 11:14 13:36 15:51 16:51 18:06

時間があまりないけど、五色沼の色を見たい

短時間で、神秘的な色を見たい方におすすめ。 五色沼の中でも、きれいな色をした3つの沼を巡るハイライトコースです。

あまり歩けないけど、五色沼を見たい

足の不自由な方や、小さなお子様連れの方におすすめのバリアフリーコースです。  ビジターセンタ-(火曜日休館)に立ち寄れば、五色沼や裏磐梯の成り立ちを知る事が出来ます。

よくある質問

無料の駐車場が、五色沼入口と高原駅にあります。

五色沼入口側は観光プラザとビジターセンターの2カ所、高原駅側は裏磐梯物産館内にあります。

五色沼入口側のビジターセンター内にあります。

高原駅側の裏磐梯物産館(冬期休み)がおすすです。

五色沼入口側は、イルレガーノ(0241-37-1855)、MORI MORI(0241-23-7590)、ロイヤルホテル(0241-32-3111)
高原駅側は、物産館(0241-32-3751)、レイクリゾートホテル(0241-37-1111)
お弁当を持参して、散策路内のベンチで食べられます。 セブン・イレブン(0241-32-2157 )、ヤマザキYショップ(0241-32-3310)

五色沼入口の駐車場から毘沙門沼までは舗装されたバリアフリーです。 その先はアップダウンの少しある未舗装路です。 靴は歩きやすい運動靴が良いでしょう。
12月から4月中旬まで雪があり、スノーシューが必要になります。

五色沼入口側に諸橋近代美術館(冬期休み)があります。 館内にカフェがあり、休憩にもおすすめです。

五色沼を歩くのでしたら、是非、ガイド付きツアーに参加下さい。

神秘の五色沼散歩-半日コース

スノーシュー五色沼ツアー

雨の日こそおすすめしたいです。 沼の色は少し濃くなった色合いになり、普段見られない風景が楽しめます。 特に新緑や初秋の頃は、ひと味違った風情が感じられます。 私はこの時期が一番好きです。